top >各種検査紹介 >貝毒

脂溶性貝毒検査

2015年1月、EU(欧州連合)では脂溶性貝毒検査を機器分析法に完全移行。それと同時に、当センターでも検査受託を開始しました。
さらに、2016年3月3日、試験検査機関の国際的認定制度であるISO/IEC17025の追加認定を取得しました。これにより、EU諸国へ輸出する場合には、当センターの検査成績書は国際的な評価を得ることになります。
国の輸出促進対策が進む中、ホタテガイをEUへ輸出する際には、当センターをどうぞご利用ください。
この認定は、日本では当センターが初めての取得です!!

認定内容

試験分野 試験・測定対象
(品目、材料、製品)
試験・測定対象
(品目、材料、製品)
適応された仕様、基準
または手法
検出限界、定量下限値
化学的 ホタテガイ @ オカダ酸群
OA、DTX-1、DTX-2
EU-Harmonised Standard
Operating Procedure for
determination of Lipophilic
marine biotoxins in
molluscs by LC-MS/MS
(Version 5, January2015)
に基づく「脂溶性貝毒LC-
MS/MS法(EU法)
(QS-03-05-03-6)」
政令基準値
@A総毒量として
160μg/kg(オカダ酸当量)
A ペクテノトキシン群
PTX-1、PTX-2
B イェッソトキシン群
YTX、45OH-YTX、
HomoYTX、
45OH-HomoYTX

政令基準値
B 3.75 mg/kg
(イェッソトキシン当量)

C アザスピロ酸群
AZA-1、AZA-2、AZA-3
政令基準値
C 160 μg/kg
(アザスピロ酸当量)

機器分析機械

脂溶性貝毒検査

ISO認定取得の歩み

ISO認定取得の歩み

このページの先頭へ