top >各種検査紹介 >プール水・水浴場

水質検査

プール水・水浴場

プール水・水浴場検査項目

項目
納期
必要量
備考
遊泳用プール水質基準 4日
専用容器貸出
  
学校水泳プール水質基準
水浴場水質基準
-
現地調査必要
お問い合わせ依頼書ダウンロード

遊泳用プール水質基準 (厚生労働省)

項目
基準
水素イオン濃度
pH値5.8以上8.6以下
濁度
2度以下
過マンガン酸カリウム消費量
12mg/l以下
遊離残留塩素
0.4mg/l以上(1.0mg/l以下であることが望ましい)
二酸化塩素濃度※
0.1mg/l以上0.4mg/l以下
亜塩素酸濃度※
1.2mg/l以下
大腸菌
検出されないこと
一般細菌
200CFU/ml以下
総トリハロメタン
暫定目標値としておおむね0.2mg/l以下が望ましい

※塩素消毒に代えて二酸化塩素により消毒を行う場合

学校水泳プール水質判定基準 (文部科学省)

項目
基準
プールの原水
飲料水の基準に適合するものであるいことが望ましい
水素イオン濃度
pH値5.8以上8.6以下
濁度
2度以下
過マンガン酸カリウム消費量
12mg/l以下
遊離残留塩素
すべての点で、0.4mg/l以上(1.0mg/l以下であることが望ましい)※
大腸菌
検出されないこと
一般細菌
200CFU/ml以下
総トリハロメタン
0.2mg/l以下が望ましい

※プールの対角線上3点以上を選び、表面及び中層の水について測定

水浴場水質判定基準(環境省)

判定基準

1. ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD又は透視度のいずれかの項目が、表の「不適」に該当する水浴場を、「不適」な水浴場とする。

2. 表の「不適」に該当しない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD及び透明度の項目ごとに、「水質AA」、「水質A」、 「水質B」又は「水質C」を判定を行い、これらの判定を踏まえ、以下により該当水浴場の水質判定を行う。

また、この判定により、「水質AA」又は「水質A」となった水浴場を「適」、「水質B」又は「水質C」となった水浴場を「可」とする。

項目
不適
水質AA
水質A
水質B
水質C
ふん便性大腸菌群数
不検出(検出限界 2個/100ml)
100個/100ml 以下
400個/100ml 以下
1,000個/100ml 以下
1,000個/100ml
を超えるもの
油膜の有無
油膜が認められない
常時は油膜が認められない
常時油膜が認められる
COD
2mg/l 以下(湖沼は3mg/l以下)
5mg/l 以下
8mg/l 以下
8mg/l 超
透明度
全透(または1m 以上)
1m未満〜50cm以上
50cm未満※

(注)
判定は、同一水浴場に関して得た測定値の平均による
「不検出」とは、平均値が検出限界未満のことをいう
透明度(※の部分)に関しては、砂の巻き上げによる原因は評価の対象外とすることができる

改善対策を要するもの

以下の1又は2のいずれかに該当する水浴場を「改善対策を要するもの」とする。

1.「水質C」と判定されたもののうち、ふん便性大腸菌群数が、400個/100mlを超える測定値が1以上あるもの。
2.油膜が認められたもの。

このページの先頭へ