top >各種検査紹介 >簡易専用水道

水質検査

簡易専用水道

簡易専用水道検査項目

項目
納期(営業日) 備考
現場検査 施設及びその管理の状態に関する検査 -  
給水栓における水質の検査  
書類の整備等に関する検査  

>>飲料水の検査はこちら

お問い合わせ

簡易専用水道とは

規制の対象
  1. 水道事業から供給される水だけを水源とする受水槽方式の給水施設
  2. 受水槽の有効容量(水槽において適正に利用可能な容量、すなわち最高水位と最低水位との間の容量)が10m³を超えるもの。
    なお、専用水道の適用を受けるものは除かれる。規制対象は施設の規模によって判断され、利用する人口等には関係ない。また、事業所等にされるもの及び消防用の設備として設置されるものであって、全く飲用に供されないもの、並びに船舶・航空機等に施設されるものは除かれる。

管理基準
  1. 水槽の掃除
    水槽(受水槽・高置水槽)の掃除を1年以内ごとに1回、定期的に行うこと。
  2. 定期点検・汚染防止措置
    水槽の亀裂等によって有害物や汚水等によって汚染されることのないように定期的に点検を行い、欠陥を発見したときには、速やかに改善の措置を講ずること。
  3. 水質検査の実施
    給水栓における水の色・濁り・臭い、味等の外観に注意して、これに異常があるときは、必要な水質検査を実施して、その安全性を確認すること。
  4. 給水の緊急停止
    供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、また、この旨を利用者等の関係者に周知させること。

定期検査

簡易専用水道の設置者は、1年以内ごとに1回、定期に地方公共団体の機関又は厚生労働大臣に登録する者(簡易専用水道登録検査機関)の検査を受けることとされている。(水道法第34条の2第2項・施行規則第24条)

受水槽、高置水槽、中継水槽等の定義

受水槽

水道本管から分水栓によって分岐し、引込管、止水栓、量水器を経て水を受け、貯水する水槽を受水槽といい、一般には地表又は地下室に設けられている。ただし、自然圧あるいは増圧ポンプにより屋上等に設置した水槽に直接給水している場合は、これを受水槽とする。

副受水槽

地下室に受水槽を設けた場合、受水槽の手前に、高水位が地上1.5m以上になるよう設置され、ボールタップによって自動給水される一種のサイホン防止水槽であり、その容量は通常1〜2m³程度である。なお、標高の高い受水槽へ揚水するために設置されている、ポンプに付随する小型受水槽を言う場合もある。

中継水槽

高層建築物等で受水槽から直接高置水槽へ揚水できない場合、途中に設けて中継ををする水槽をいう。

高置水槽

受水槽又は中継水槽から揚水ポンプにより給水を受け、下階に給水する水槽をいう。

中間水槽

高層階から下層階に給水する場合、途中に設ける水圧調整用の水槽をいう。

検査内容

施設及びその管理の状態に関する検査
  1. 水槽その他当該簡易専用水道に係る施設の中に汚水等の衛生上有害なものが混入するおそれの有無についての検査
  2. 水槽及びその周辺の清潔の保持についての検査
  3. 水槽内における沈積物、浮遊物質等の異常な物の有無についての検査

給水栓における水質の検査
  1. 臭気、味、色及び濁りに関する検査
  2. 残留塩素に関する検査

書類の整備等に関する検査
  1. 簡易専用水道の設備の配置及び系統を明らかにした図面
  2. 受水槽の周囲の構造物の配置を明らかにした平面図
  3. 水槽の掃除の記録
  4. その他の管理についての記録

建築物における衛生的環境の確保に関する法律の適用がある簡易専用水道の検査

建築物における衛生的環境の確保に関する法律』(通称:ビル衛生法)の適用がある簡易専用水道については、水道法第34条の2第2項の規定に基づく簡易専用水道の管理に係る検査項目は、書類検査とすることができる。

簡易専用水道の管理

給水設備の点検

水槽の内部、外部等の定期的な点検、整備、清掃をする

給水水質の確認

設置者が行う水質管理は、色、濁り、臭い、味について日常的に検査をする

水質の異常発見時対応

水質に異常が認められたときは、必要な項目について検査し、場合によっては給水を停止する

水槽の清掃

水槽内の沈殿物質、浮遊物質、壁面付着物質の除去及び消毒等を実施する

残留塩素の確認

ビル管理法適用施設では遊離残留塩素0.1mg/l以上を保持する

逆流防止

吐水口空間の保持や逆流防止器の取り付けをする

クロスコネクションの禁止

飲料水の配管設備とその他の配管設備を直接連結させない

防錆剤の使用

赤水が発生し止むを得ず防錆剤を使用する場合は適切な対処をする

このページの先頭へ