top >各種検査紹介 >飲料水

水質検査

飲料水

水質基準項目

項目
納期
(営業日)
必要量
備考
一般項目(11項目) 3日 専用容器貸出  
基準項目(51項目) 15日  
ビル管項目(16項目) 7日  
消毒副生成物(12項目) 10日  
飲用井戸(13項目) 4日  

食品製造用水

項目 通常納期 至急納期 検体量
(営業日) (営業日)
26項目 9 - 専用容器貸出

※詳細はこちら

お問い合わせ依頼書ダウンロード

水質基準項目

項目 基準値 一般
項目
基準
項目
ビル
管法
消毒
副生
飲用
井戸
11 51 16 12 13
一般細菌 100個/ml 以下  
大腸菌 不検出  
カドミウム及びその化合物 0.003mg/l 以下        
水銀及びその化合物 0.0005mg/l 以下        
セレン及びその化合物 0.01mg/l 以下        
鉛及びその化合物 0.01mg/l 以下      
ヒ素及びその化合物 0.01mg/l 以下        
六価クロム化合物 0.05mg/l 以下        
亜硝酸態窒素 0.04mg/以下  
シアン化物イオン及び塩化シアン 0.01mg/l 以下      
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10mg/l 以下  
フッ素及びその化合物 0.8mg/l 以下        
ホウ素及びその化合物 1.0mg/l以下        
四塩化炭素 0.002mg/l 以下        
1,4-ジオキサン 0.05mg/l 以下        
シス-1,2-ジクロロエチレン
及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
0.04mg/l 以下        
ジクロロメタン 0.02mg/l 以下        
テトラクロロエチレン 0.01mg/l 以下      
トリクロロエチレン 0.03mg/l 以下      
ベンゼン 0.01mg/l 以下        
塩素酸 0.6mg/l 以下      
クロロ酢酸 0.02mg/l 以下      
クロロホルム 0.06mg/l 以下      
ジクロロ酢酸 0.03mg/l 以下      
ジブロモクロロメタン 0.1mg/l 以下      
臭素酸 0.01mg/l 以下      
総トリハロメタン 0.1mg/l 以下      
トリクロロ酢酸 0.03mg/l 以下      
ブロモジクロロメタン 0.03mg/l 以下      
ブロモホルム 0.09mg/l 以下      
ホルムアルデヒド 0.08mg/l 以下      
亜鉛及びその化合物 1.0mg/l以下      
アルミニウム及びその化合物 0.2mg/l 以下        
鉄及びその化合物 0.3mg/l 以下      
銅及びその化合物 1.0mg/l以下      
ナトリウム及びその化合物 200mg/l 以下        
マンガン及びその化合物 0.05mg/l 以下        
塩化物イオン 200mg/l 以下  
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/l 以下        
蒸発残留物 500mg/l 以下      
陰イオン界面活性剤 0.2mg/l 以下        
ジェオスミン 0.00001mg/l 以下        
2-メチルイソボルネオール 0.00001mg/l 以下        
非イオン界面活性剤 0.02mg/l 以下        
フェノール類 0.005mg/l 以下        
有機物(全有機炭素(TOC)の量) 3mg/l 以下  
pH値 5.8〜8.6  
異常でないこと  
臭気 異常でないこと  
色度 5度以下  
濁度 2度以下  

水道水質基準

水道法第4条に基づく水質基準は、水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省令第101号)により、定められています。水道水は、水質基準に適合するものでなければならず、水道法により、水道事業体等に検査の義務が課されています。
水質基準以外にも、水質管理上留意すべき項目を水質管理目標設定項目、毒性評価が定まらない物質や、水道水中での検出実態が明らかでない項目を要検討項目と位置づけ、必要な情報・知見の収集に努めています。
水道事業者は、水質基準項目等の検査について、水質検査計画を策定し、需要者に情報提供することとなっています。

水質基準
(水道法第4条)
水質管理
目標設定項目
(平成15年局長通知)
要検討項目
(平成15年審議会答申)

水道水質基準の逐次改正

改正時期
改正内容
詳細
平成20年
4月1日施行
水質基準 塩素酸を水質基準に追加。基準値を0.6mg/Lとする。
水質管理
目標設定項目
従属栄養細菌、フィプロニル(農薬類の中の1項目として)を追加。
平成21年
4月1日施行
水質基準 「1,1-ジクロロエチレン」に係る水質基準を廃止。(水質管理目標設定項目に位置づける。)
「シス-1,2-ジクロロエチレン」に係る水質基準を「シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン」に変更する。
「有機物(全有機炭素(TOC)の量)」に係る水質基準を3mg/L以下に強化する。
水質管理
目標設定項目
「アルミニウム及びその化合物」追加
「1,1-ジクロロエチレン」の追加
「ジクロロアセトニトリル」、「抱水クロラール」の目標値の変更
農薬類の対象リスト中、「EPN」、「クロルピリホス」の目標値の見直し
「トランス-1,2-ジクロロエチレン」の削除
平成22年
4月1日施行
水質基準 「カドミウム及びその化合物」に係る水質基準を0.003mg/L以下に強化する。
水質管理
目標設定項目
「1,1,2-トリクロロエタン」の削除
農薬類の対象リスト中、「イソプロチオラン」、「ジチオピル」、「メフェナセット」、「ブロモブチド」、「エスプロカルブ」、「プリプロキシフェン」の目標値の見直し
平成23年
4月1日施行
水質基準 「トリクロロエチレン」に係る水質基準を0.01mg/L以下に強化する。 こちら
水質管理
目標設定項目
「トルエン」の目標値の変更
農薬類の対象リスト中、「ペンシクロン」、「メタラキシル」、「ブタミホス」、「プレチラクロール」の目標値の見直し
平成25年
4月1日施行
水質管理
目標設定項目
農薬類の分類の見直し こちら
平成26年  
4月1日施行
水質基準 亜硝酸態窒素を水質基準に追加。基準値を0.04mg/Lとする。 こちら
水質管理
目標設定項目
・「アンチモン及びその化合物」、「ニッケル及びその化合物」の目標値の変更
・農薬類の対象リスト中、「オキサジクロメホン」、「オリサストロビン」、「カズサホス」、「グルホシネート」、「ジチオカルバメート系農薬」、「チアジニル」、「トリクロルホン(DEP)」、「ピラクロニル」、「フェントラザミド」、「ベンゾビシクロン」、「メコプロップ(MCPP)」、「メタム(カーバム)」の目標値の見直し
平成27年  
4月1日施行
水質基準 ・「ジクロロ酢酸」に係る水質基準を 0.03mg/L 以下に強化する。
・「トリクロロ酢酸」に係る水質基準を 0.03mg/L 以下に強化する。
 
水質管理
目標設定項目
・「フタル酸ジ( 2- エチルヘキシル)」の目標値の変更
・農薬類の対象リスト中、「 1,3- ジクロロプロペン」、「オキシン銅」の目標値の見直し

水道の分類及び定義





分類 定義
水道 導管及びその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する施設の総体(臨時のものを除く。)
水道事業 一般の需要に応じて水を供給する事業で計画給水人口101人以上のもの
上水道事業 計画給水人口5,001人以上の水道事業
簡易水道事業 計画給水人口101人以上5,000人以下の水道事業
水道用水供給事業 水道事業者に水道用水を供給する事業
専用水道 寄宿舎、社宅等の自家用水道(特定の人々に給水する水道)のうち、101人以上の居住者に給水するもの、又は一日最大給水量が20m³を超えるもの
貯水槽水道 水道事業の用に供する水道及び専用水道以外の水道であって、水道事業の用に供する水道から供給を受ける水のみを水源とするもの
簡易専用水道 詳細はこちら
小規模受水槽水道 受水槽の有効容量が5m³を超え、10m³以下のもの
その他貯水槽水道 受水槽の有効容量が5m³以下のもの
その他の水道 上記以外の水道で、青森県の実情に応じ、県条例で規制しているもの
小規模水道 給水人口が100人以下の水道及び一般の需要に応じて水を供給する水道以外の水道であって30人以上100人以下の者にその居住に必要な水を供給する水道
一般飲用井戸 個人住宅、寄宿舎、社宅、共同住宅に居住する者に対して飲用水を供給する井戸等の給水施設
業務用飲用井戸 官公庁、学校、病院、店舗、工場その他事業所(ただし、旅館・公衆浴場、特定建築物は除く)に対して飲用水を供給する井戸等の給水施設
特定建築物 興行場、百貨店、店舗、事務所、学校、共同住宅等の用に供される相当程度の規模を有する建築物のうち、延べ面積が3,000m²以上(学校の場合は8,000m²以上)である建築物

 

このページの先頭へ