top >依頼書ダウンロード

土壌検査

土壌

土壌の検査項目

項目
納期(営業日) 必要量 備考
土壌の汚染に係る環境基準(27項目)
18日
専用容器貸出  

お問い合わせ依頼書ダウンロード

土壌の汚染に係る環境基準

項 目
環境上の条件
カドミウム 検液1Lにつき0.01mg以下であり、かつ、農用地においては、米1kgにつき1mg未満であること。
全シアン 検液中に検出されないこと。
有機燐(りん) 検液中に検出されないこと。
検液1Lにつき0.01mg以下であること。
六価クロム 検液1Lにつき0.05mg以下であること。
砒(ひ)素 検液1Lにつき0.01mg以下であり、かつ、農用地(田に限る。)においては、土壌1kgにつき15mg未満であること。
総水銀 検液1Lにつき0.0005mg以下であること。
アルキル水銀 検液中に検出されないこと。
ポリ塩化ビフェニル(PCB) 検液中に検出されないこと。
農用地(田に限る。)においては、土壌1kgにつき125mg未満であること。
ジクロロメタン 検液1Lにつき0.02mg以下であること。
四塩化炭素 検液1Lにつき0.002mg以下であること。
1,2-ジクロロエタン 検液1Lにつき0.004mg以下であること。
1,1-ジクロロエチレン 検液1Lにつき0.02mg以下であること。
シス-1,2-ジクロロエチレン 検液1Lにつき0.04mg以下であること。
1,1,1-トリクロロエタン 検液1Lにつき1mg以下であること。
1,1,2-トリクロロエタン 検液1Lにつき0.006mg以下であること。
トリクロロエチレン 検液1Lにつき0.03mg以下であること。
テトラクロロエチレン 検液1Lにつき0.01mg以下であること。
1,3-ジクロロプロペン 検液1Lにつき0.002mg以下であること。
チウラム 検液1Lにつき0.006mg以下であること。
シマジン 検液1Lにつき0.003mg以下であること。
チオベンカルブ 検液1Lにつき0.02mg以下であること。
ベンゼン 検液1Lにつき0.01mg以下であること。
セレン 検液1Lにつき0.01mg以下であること。
ふっ素 検液1Lにつき0.8mg以下であること。
ほう素 検液1Lにつき1mg以下であること。

備考

  1. 環境上の条件のうち検液中濃度に係るものにあっては付表に定める方法により検液を作成し、これを用いて測定を行うものとする。
  2. カドミウム、鉛、六価クロム、砒(ひ)素、総水銀、セレン、ふっ素及びほう素に係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中のこれらの物質の濃度がそれぞれ地下水1Lにつき0.01mg、0.01mg、0.05mg、0.01mg、0.0005mg、0.01mg、0.8mg及び1mgを超えていない場合には、それぞれ検液1Lにつき0.03mg、0.03mg、0.15mg、0.03mg、0.0015mg、0.03mg、2.4mg及び3mgとする。
  3. 「検液中に検出されないこと」とは、測定方法の欄に掲げる方法により測定した場合において、その結果が当該方法の定量限界を下回ることをいう。
  4. 有機燐(りん)とは、パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNをいう。

土壌汚染対策法施行規則

表1 地下水基準
特定有害物質の種類
地下水基準別表第一(第6条第1項関係)
カドミウム及びその化合物 0.01mg/L以下
六価クロム化合物 0.05mg/L以下
シマジン 0.003mg/L以下
シアン化合物 検出されないこと
チオベンカルブ 0.02mg/L以下
四塩化炭素 0.002mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.02mg/L以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg/L以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002mg/L以下
ジクロロメタン 0.02mg/L以下
水銀及びその化合物 0.0005mg/L以下(かつアルキル水銀が検出されないこと)
セレン及びその化合物 0.01mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下
チウラム 0.006mg/L以下
1,1,1-トリクロロエタン 1mg/L以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/L以下
トリクロロエチレン 0.03mg/L以下
鉛及びその化合物 0.01mg/L以下
砒素及びその化合物 0.01mg/L以下
ふっ素及びその化合物 0.8mg/L以下
ベンゼン 0.01mg/L以下
ほう素及びその化合物 1mg/L以下
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと
有機りん化合物(パラチオン、
メチルパラチオン、メチルジメトン
及びEPNに限る。以下同じ。)
検出されないこと
表2 指定区域の指定に係る基準(土壌溶出量基準・土壌含有量基準)
特定有害物質の種類 要件
別表第二
(第18条第1項関係)
要件
別表第三
(第18条第2項関係)
カドミウム及びその化合物 0.01mg/L以下 150mg/kg以下
六価クロム化合物 0.05mg/L以下 250mg/kg以下
シマジン 0.003mg/L以下  
シアン化合物 検出されないこと 50mg/kg以下(遊離シアンとして)
チオベンカルブ 0.02mg/L以下  
四塩化炭素 0.002mg/L以下  
1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下  
1,1-ジクロロエチレン 0.02mg/L以下  
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg/L以下  
1,3-ジクロロプロペン 0.002mg/L以下  
ジクロロメタン 0.02mg/L以下  
水銀及びその化合物 0.0005mg/L以下(かつアルキル水銀が検出されないこと) 15mg/kg以下
セレン及びその化合物 0.01mg/L以下 150mg/kg以下
テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下  
チウラム 0.006mg/L以下  
1,1,1-トリクロロエタン 1mg/L以下  
1,1,2-トリクロロエタン 0.006mg/L以下  
トリクロロエチレン 0.03mg/L以下  
鉛及びその化合物 0.01mg/L以下 150mg/kg以下
砒素及びその化合物 0.01mg/L以下 150mg/kg以下
ふっ素及びその化合物 0.8mg/L以下 4000mg/kg以下
ベンゼン 0.01mg/L以下  
ほう素及びその化合物 1mg/L以下 4000mg/kg以下
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと  
有機りん化合物(パラチオン、
メチルパラチオン、メチルジメトン
及びEPNに限る。以下同じ。)
1r/L以下  
表3 第二溶出量基準
特定有害物質の種類
第二溶出量基準別表第四(第24条第1項第1号関係)
カドミウム及びその化合物 0.3mg/L以下
六価クロム化合物 1.5mg/L以下
シマジン 0.03mg/L以下
シアン化合物 1mg/L以下
チオベンカルブ 0.2mg/L以下
四塩化炭素 0.02mg/L以下
1,2-ジクロロエタン 0.04mg/L以下
1,1-ジクロロエチレン 0.2mg/L以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/L以下
1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/L以下
ジクロロメタン 0.2mg/L以下
水銀及びその化合物 0.005mg/L以下(かつアルキル水銀が検出されないこと)
セレン及びその化合物 0.3mg/L以下
テトラクロロエチレン 0.1mg/L以下
チウラム 0.06mg/L以下
1,1,1-トリクロロエタン 3mg/L以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/L以下
トリクロロエチレン 0.3mg/L以下
鉛及びその化合物 0.3mg/L以下
砒素及びその化合物 0.3mg/L以下
ふっ素及びその化合物 24mg/L以下
ベンゼン 0.1mg/L以下
ほう素及びその化合物 30mg/L以下
ポリ塩化ビフェニル(PCB) 0.003mg/L以下
有機りん化合物 1mg/L以下
このページの先頭へ